2010年04月20日

クラウドコンピューティングとは

最近よく耳にする”クラウドコンピューティング”という言葉。ご存知だろうか。


ライブドアニュースによると
http://news.livedoor.com/article/detail/4723458/

(引用ここから)
クラウドについて、株式評論家の杉村富生氏はこう解説する。
「クラウドは、メール、ワープロ、表計算、顧客管理システム、ファイル・画像などのデータ保存システムなどのソフトや施設を自前で持たずに外部のシステムを利用することです。ネットワーク上にこれらのソフト機能が分散するありさまを、雲つまりクラウドの形で表すことから名付けられました。システム構築費や運用管理費が大幅にカットできるし、料金は利用したサービス量に応じて支払うだけです。外部に情報が漏れる危険性を防止できれば、特に企業にとってメリットは大きいですね」
(ここまで)

グーグルとかヤフーとかマイクロソフトという会社の名前を聞けばイメージが湧くだろうか?

この分野でリーダーなのが、NTT。向こう3年間でこの分野に約450億円を投資するそうだ。

数年後に国内市場規模が2兆円に膨れ上がるというこの分野。関連株はねらい目!?

【関連する記事】
posted by かじり豆 at 15:10| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。