2010年05月13日

宝くじ高額当選者の傾向

ドリームジャンボが発売されましたね。

宝くじ買ってますか?それとも買わない派?
手っ取り早く、億のお金を手にするには、もう宝くじに頼るしかない!?

さて、
毎回買っているけど、いっこうにあたらない・・・という方に朗報です。

宝くじを管轄しているみずほ銀行がまとめた、高額当選者の傾向によると


購入枚数は、1位が30枚。2位がなんと!10枚。

当てる人は、そんなに大量に買っていないということ。
ちなみに、10枚1セットとしてその買い方は、1セットを連番で、残る2セットをバラで買うのがいい・・・とか宝くじ研究家が言ってました。

買った場所は、過去高額当選が出た売り場が1位。
買うタイミングは、
発売日を待って朝から並んで・・・・・ではなく、その日の直感だよりなんだとか。

買った後の保管場所の1位は机の引きだし。2位が仏壇や神棚。


自分を信じて、今日、当たりそうと思ったときに、売り場にGO!
フォースが共にあらんことを。

兵庫県で宝くじ高額当選売り場をさがすなら


posted by かじり豆 at 14:20| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

あなたもiPhoneアプリ長者になれる?!

http://news.livedoor.com/topics/detail/4745623/
ライブドアニュースによると、

iPhoneアプリは世界中のエンジニアを虜にする開発プラットフォームと言っても過言ではないだろう。実際、世界中でiPhoneアプリ長者が誕生しており、1ヶ月に数千万円を稼ぐ個人エンジニアもいるほどだ。
iPhone アプリは全世界で7,000万人以上の利用者※、App Storeには14万本を超えるアプリが登録され、現在でも登録アプリが増え続けている。ダウンロード総数は30億回を超え、ニンテンドーDSやプレイステーション・ポータブルと競合するゲームプラットフォームとしても注目されている。
(ここまで)

一ヶ月数千万!!??
おそるべし。

iPhoneアプリ開発に特化した専門プログラミング講座というのがあり、盛況ぶりをみせているようです。
そこが、すごいのが初心者でも講座終了までにはiPhoneアプリが作れるという。

プログラミングなんて特殊な技術をもった人がすることで、自分には出来ないと思っていたら、稼ぐチャンスを逃してしまいそう。

iPhoneアプリを開発できるエンジニアはまだ少なく今が狙い目か。

プログラムできるようになってもアプリのアイデアが重要なんですけどね。


スマートフォンのことなら

posted by かじり豆 at 09:18| Comment(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BOP市場とは

BOP市場とは、新興国や発展途上国の所得階層の底辺を指します。
(ボトム・オブ・ピラミッド=所得階層の底辺)
その規模は、40億人、5兆ドル(約450兆円)といわれています。

ダイヤモンドオンラインによると、
http://news.livedoor.com/article/detail/4730119/

(ここから)
世界的にBOP市場をめぐる競争が始まっている。多くの日本企業が攻略に手を焼いているなか、BOP市場に着々と基盤と成長モデルを築いているのが、「味の素」

インドネシアでは0.9グラム入り50ルピア(約0.5円)、アフリカのナイジェリアでも9グラム入り5ナイラ(約3円)の小袋の「味の素」が、多くの食料品店に並び、飛ぶように庶民に売れている。

(ここまで)

他の日本企業が、BOP市場で出遅れているなか成功事例として注目されているようだ。
そういえば、だいぶ前テレビの特集でみました。
石鹸やシャンプーの小袋を売っていくという話だったように記憶しています。

ほんとに必要な機能を必要な量だけ買える価格で、販売するというビジネス。
一度も使ったことがない機能ばかりが増える携帯ばかりを作ってきた逆方向の考え。

中国市場の次は、BOP市場をチェック。

posted by かじり豆 at 09:16| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。